気持ち悪い客

少し昔の話をします。
当時ハタチだったときの話です。
あの時は色々なものが欲しくて、とにかくお金が欲しい年頃でした。
キャバクラかガールズバーでアルバイトをしようと考えていた私は、雑誌やネットで探していました。
最後までどちらが良いか考えていましたが、おじさんの隣に座るのはいやだと思い、ガールズバーで働くことにしました。
そこの店は良くしてくれて、待遇もかなり良かったことを今でも覚えています。
どちらかと言えばかわいい方だったので、時給もそこそこ高く、給料にも満足していました。
働き始めて、3か月ほどはすごく順調で、自分のお客さんも何人かいました。
働くことが楽しくなってきて、休みなく毎日働いていましたが、ある日新規で来たお客さんに呼ばれ、話をしていると凄く下品な話が大好きな人でめんどくさくなってきて自分の客にならなくていいやと適当にしていました。
その客も1時間ほどで帰り、ほっとし、自分のお客さんの接客をしていました。
次の日には忘れていて普段通りに出勤し働いていると、また同じ客がきたのです。
私は驚きながらも、私は昨日つまんなそうに話をしていたから呼ばれることはないと思い、安心しきっていましたが、なんと私を指名してきたのです。
内心いやだなと思いながらも営業スマイルで我慢して話をしていると突然の客から気持ち悪いことを言われました。
今履いている使用済み下着をくれないかと言ってきたのです。
笑いながら、無理といってもしつこく言ってきて、怖くなってきたので理由をつけて裏にいったん逃げました。
気持ちを落ち着かせて戻ると、またその客は使用済み下着頂戴といってきました。
あのにやついた気持ち悪い顔は今でも忘れられません。
店長にいって追い出してもらいましたが、その日は気持ち的に働きたくなくなってしまい帰宅しました。
そこから二度と来ることはなくなりましたが、ある程度日が過ぎるまで安心することはできませんでした。
夜の世界でアルバイトをしようと考えている方はこんな変な客もいるので、本当に用心してください。